日刊kimamadays Vol.112 安全運転でたのむ

早めに学校の終わる水曜午後、周りからもいい加減替えてやったら…と言われていた息子の自転車を買いに。誕生日プレゼントかなり前倒しw
だいたいの予算を伝えて本人に好きなのを選ばせる。悩んだ末、選んだのはシンプルな青いフレームのがっしりした自転車。カゴが大きいのが決め手になったらしい。サッカーの練習にいく時、放り込みたいもんね。

彼が自転車に乗り出したのは実はものすごく遅くて、今年の夏。乗れなくはないけど、下手くそで乗るのが億劫でますます乗りにくく…足で走ればええやん、が言い分だった。それが、スピードを出してチャリ移動をしたい友だちに特訓されて、しぶしぶながらも乗り回すように。

言わなかったけれど、たぶん何度もコケてて、埃と錆びはちょっとあるけどまだ綺麗だった自転車はあっちゅー間にボロボロ。チェーンは外れやすく、とうとうライトも点かなくなってしまった。何よりサイズ…ハンドルと膝が擦りそうに。。。これは誕生日まで引っ張れないと判断^^;


初めて速く移動できる楽しさを知った小さな自転車に愛着があるのか、最後にもう一周いってくる!と、特訓した広い駐車場からいつものご近所をぐるり。

新車を積み込んで、最後に息子が言った「ありがとー」は、店員さんに、なのか、古い小さな自転車にだったのか。


新しい相棒もだいじにしてくだされ。