日刊 kimamadays Vol.173 普通も当たり前も、そこにあるものではないのです

いつになったら暖かくなるのー。今日も帰り道、風が強めで冷たくて、ああ車に乗りたい、と思った。交通費貰えないほど近いのにw

職場、悪天候だったにもかかわらず土日でバレンタイン商材がどっさり売れたみたいで、やっと少しストックが空いたよーな。でもまた売場替えで戻ってくるかな。今年はホワイトデーにも使える仕様にしているらしいし。しばらくは在庫との戦い…(違

学級閉鎖中の娘はのーーんびり家で過ごしたようで羨ましいかぎり。
息子のクラスは「みんな元気やで!」らしい。いいことだ。

---------------

読んでて、気がつくと泣いてた。

パパは発達障害だった - iに生きるライオン
どうも、“アラサー新米パパ”愛に生きるライオンです。自分の思考を整理しようとブログを始めて2年。整理するどころかより雑多になった気がする僕の脳内。次か...
『普通』の中で過ごさせることを選んだし、娘も葛藤しつつも努力して、その努力をデフォルトにして、それでもはみ出す部分は折り合いをつけて学校生活を送れている、んだと思う。時々、頑張るのに疲れて折れそうになって、学校に行けない日もあるけれど。懇々と眠って少し好きなことして充電して、いつも、を取り戻している。

彼女の個性をわたしは否定してないだろうか?どこまで受け止めてやれてるだろう。。
自ら掴む自信を摘まぬことだけはしないよう、支えてやれたら、と思う。