kimamadays Vol.268 花金

金曜を心待ちにしているおコたち。おこづかい支給日なのだ。

娘も中学生になったし、と4月からおコたち待望のおこづかい制を導入。今までは要る分を都度与えるor現物支給。わりとゲームや漫画なんかには甘い親…自分たちも読むからw

おこづかいっても、いきなり月1だと勢い良く使い果たして泣きつかれそう〜と、とりあえず週1、娘は500円・息子は300円渡すことに。
これがちょうどいい感じ。

ちょっと買い食いしてもまた次の金曜にもらえる!とテンション上がって勢いよく使っていた息子。でもこのままだと漫画もゲームも買えないことに気づいたらしく(おこづかいで買え!ってもちろん言いますがな)、とは言え、手元に置いてるとつい使ってしまう…で、貯金箱をばーちゃんに預けたらしいw 彼らしい。親に預けないあたりもなかなか小賢しい。

ちなみにウチにはもうひとつ『ゴキ退治』とゆー特別手当がある。後始末まで完璧に済ませれば、150円支給。息子の大きな臨時収入となっているw
ハハと同じく虫が苦手な娘は、稼げなくて「ずるいー!」って怒っているけど、いや、これが仕事っちゅーもんだよ。
需要(虫が大の苦手なハハ)に応えれば(に変わってG退治)、報酬が与えられる。自分がしたくないこと、出来ないことをしてもらったら、応じてお代を支払わねばならん。もちろん感謝前提で。
なんでもお金で解決するわけではないけれど、正当な報酬を得る/与える仕組みは身につけておいてほしい。

娘は明日、本を買いに行きたいらしい。Kindleを勧めたけど、紙の本を手元に置いておきたいとのこと。いつも立ち読みしているイオンの本屋で買うから連れてって、と言う。
うん、いい心がけだ♪