kimamadays No.0037 これが最後が増えていく


息子のサッカー部、この時期恒例のおうどん炊き出し。お出汁、具材を持ち寄って大鍋で炊く。不味い筈がない。あまりうどんを食べない息子ですら、毎年楽しみにするくらい美味しい。

昨日に続いて今日も寒くて、運動場も足元悪くて、泥んこになった子どもたちが「手洗ったで!」と丼を抱えて我先に並ぶ。あったかいねえ、美味しいねえ(´ー`*)

クリスマス会・炊き出し・卒団式は、6年生はご招待となるので、基本5年生母が仕切って下の学年の保護者に手伝ってもらう形。
段取りが全然読めなくて何をしたらいいの?ってオロオロしてたのに、いつの間にか、これしてあれしてと言えるようになっている、我ら5年生母たち。頼る側から、頼られ応える側へ。年齢はあまり関係ない。経験値が自然とそうシフトさせる。

そして、押し出されるように、これが最後、が積み重なっていく。
肩の荷が軽くなる気持ちと、寂しさと。

次は3月の卒団式。
がんばって、6年生かーさんたちを泣かすのだw