kimamadays No.0045 価値も意味の有無もわたしが決める

役に立つ記事が価値が重くて、自分語りに意味はない、という意見を散見する。数字/お金に換算すればそうかもなあ、とおもう。損得という視点でみれば。

日記であれ、書かれた描かれたものは、生きた時間の欠片。でも上のように言う人にとって、(彼らがメンターと評する人以外の)他人のそれは、わざわざ読む意味も価値も殆どない。たぶん。

ブログと言う場で日々淡々と書き綴るものに心惹かれて、過去の記事まで何時間も読みふけることもある。毎日描かれる日記を楽しみにRSSの更新情報をチェックする。
どこかに居るその人のことを思う。

その時間に、意味も価値もないのかな。
価値の置き場は、それぞれある。自分で決める。