kimamadays 150711 きみはほんとうはいい子なんだよ

中2娘、テニス部、夏の大会。遠めの会場なので車で送る。高校野球県予選と陸上競技会も重なって、競技場は人と車でいっぱい。駐車場も空いてなさげだったし、片付けたい諸用もあったので降ろしてそのまま帰る。

夕方、思ってたより早い時間にお迎えコール(早々に負けたな…)。まだ人の多い競技場でなんとか車を停めて娘を探すと、他チームの子に混じってひとりフェンスに張り付いてコートを観ていた。
試合をしていたのは前に所属していたチームの、ひとつ年下の友だち。強豪校に入って1年生で既にレギュラーらしい。
応援したい、と言うので、駐車場所を伝えてテニスコート周りを少し歩く。暑い…。
車に戻ろかね、と思っていると、知り合いのお母さんから声をかけられた。

娘ちゃんね、私に気付くとお昼食べてる手を止めて、「こんにちは!」ってニコニコ挨拶してくれたんよ。相変わらず礼儀正しいねー

…えーっと、それウチの娘ですかね?w
まあ外では愛想良く、それなりにちゃんとしてるんやろな。ちょっと安心する。

友だちをずっと大切に想うとか、
挨拶を大きな声で言えるとか、
裏方を厭わないとか、

うん、根っからは変わってしまってない。きみはきっといいこ。

窓ぎわのトットちゃん (講談社文庫)

窓ぎわのトットちゃん (講談社文庫)