2016/01/14

https://www.instagram.com/p/BAf2t0RSzbf/
Instagram

父の告別式。
この冬一番の寒さかも、という日にも関わらず、今日もたくさんの方が参列してくれた。
遠方から駆けつけてくれたお友だち、わたしも何度も名前を聞かされた同僚の方々、ご近所さん、可愛がった孫や甥や姪、お世話になった親類に見送られて、父も満足してくれたと思う。

父の骨は、伯母とわたしと、お子たちで拾って骨壺に納めた。もっと細くなってるかなあ、と思っていた足は意外としっかりしていて、綺麗だった指はやっぱりほっそりしていた。

火葬場からの帰りは、職場の近くを通った。

ああ、やっと、家に帰すことができた。

数ヶ月ぶりに酎ハイを開ける。いつかかってくるかわからないコールから解放されたから。
ちょっとしょっぱい。