前者後者論。チラ見していて思ったことをつらつらと。

前者も参考になる?【後者の客観視】の話|幻想の鎖にサヨウナラ ~量子場調整師むかえのブログ

 

FBに流れてくる、前者/後者の話をチラ見していた中で、今までで一番腑に落ちた記事。これ、これならよく分かる。
立ち位置とか見え方とか。

この論で言うところのばっちり後者だからかw

 

自分に欠けてるところ(思慮や視点)があるのは知っている。でも何がどう欠けてるのか見えてないのか分からない。分かる人見える人察することができる人が『普通』とされるにせよ、わたしには、分からない。

ただ、それは知恵や経験値である程度フォローはできることはもう知っている。

 

血液型と一緒で、これだからこうでしょ、とばっさり分類できるものではないと思うけど、現実問題、自分とほかの人の見え方は違うんだろうなあ、と思い知らされることは少なからずある。他人を羨んだり自分を蔑んだところで(しがちだけど)、自分の中身が替わるわけでもないので、都度対処したり折り合いをつけたり、また迷惑かけてるなーごめんよーと思って生きていくしかない。