欲しいものリストも公開しちゃいましょうそうしましょう

雑貨屋さんで、ばーちゃんから頼まれた、ちょっとした贈り物を物色していて、ふと思いついてしまった。

あー、こうやって選んだプレゼント貰うこと、ないなあ。。

人に贈るのは好きで、あれこれ探すのも楽しい。でも、そうやって(くれたと思われるものを)貰うことがもう、久しくない。
例えば誕生日なんかも良い処、おコたちからは「おかーさんの好きなチョコ買うといたで〜」、夫は「今年もAmazonギフトカードでええかなー」。わたしが欲しいものを買ったらええやん、なスタンス。悪くはない。悪くはないけれど、なんというか…想って選んではくれないんだなあ、と気づくとちょっと寂しい。

贅沢ですかね?歳は上がっても女心はフクザツ。


…と、察しろよ!と思っていたところで、当たり前ですが気づいてはもらえませぬ。アピールしましょうそうしましょう!と、欲しいものリストをさくっと作成/公開しました。

かーちゃんの欲しいものリスト→ Amazon.co.jp

ええ、歳が上がれば女は切り替え早くますますタフになりますの。おほほ。
心優しき方からのプレゼント、お待ちしております^^



Amazonの欲しいものリストを公開すると言っても、住所や本名を不特定多数に晒すのは、いくらプレゼントを頂戴するとは言え、怖い…。
ちょっと調べてみました。

www.heibonnashufu.net
kimamalist.hatenablog.jp

とっても参考になりました。ありがとうございます。