離れてみて目を細めて思う

ばーさんの十三回忌。晴れ女だったから、ばーさん絡みの行事ごとはだいたいお天気がいい。コートなくても全然寒くない朝。

目を細めて子守してたひ孫がもうすぐ女子高生*1だよ、ばーさん。

 

 

午後から息子を審判講習に送る…ついでに、近くで試合しているスポ少チームの会場に顔を出す。監督から『あいつ、背伸びたなあ』と声をかけられ、うん確かに、と下の子たちに混じる息子をみて思う。

 

久しぶりのサッカー場は寒くもなく、元気なかーさんたちとコーヒー飲んでお喋りして子どもたちがボール蹴るのみて。1年前までは当たり前で、時にはうんざりすることもあった時間が、暖かで楽しいものだったんだな、とじんわり、思った。

*1:…に無事なれるといいんだがーー