サクラサク

娘、なんとか高校入試、合格。

第一志望の専科はダメで第二志望に滑り込み。ホント、滑り込みの感がありあり*1だけど、合格は合格。無事女子高生になるよーです。おめでとう!

本人も心底ホッとした様子。親もだよ。

 

九州のおばあちゃんに、合格したよー!って電話で話すのを横で聞いていると、受け答えもそれなりにしっかりしていて、勉強はともかく、そんなに道から逸れず育っているようでちょっと安心する。

「『何か欲しいもんは?』って訊かれたけど、さすがにお金って言えんし…」おおー、一応ちゃんと気遣えるようになってるw

大きくなったなあ。

 

高校から先は進学する気はなくて、卒業したら働きたいと言っている娘。掴んだチャンスをぜひ活かして欲しい。

3年間、学んで身につけて、自分で生きていける力を手に入れられますように。

 

 

「おかーさん、制服できたら、またお墓参り行かな!桜の下で写真撮って。」

父とばーさんのお墓があるお寺さんには大きな桜の木がある。小学校のランドセル、中学のセーラー服と入学のたびに、その下で撮ったのを覚えているだけだろうけども。

この子たちは節目節目に報告がてらお参りするのが当然になっているんだなあ、とほっこりする。ご先祖さんと細々とでもそうやって継いでいけたらいいな、と思う。

今年の桜もきっと綺麗。

 

*1:入試問題の自己採点の点数聞いてのけぞった。よく受かったもんだ…