そう言えば小学校の初登校も雨だった

娘の高校入学式。
雨女はどっちやねん、とぶつくさ言いながら向かう。(たぶん母娘両方

新しい靴やバッグにちょっと新入生らしさを感じつつも、学ランや制服も着慣れている感があって、中学とは違うよなあ、と思う。運動部の勧誘で並ぶ上級生に至ってはただでさえ体格も良いし、もう青年!と呼ぶしかない感じ。それに比べると新入生の頼りなさげさはやっぱり『新入生』かな。


いつもは眠気を我慢するしかない式辞。でも今日は学校長の話っぷりが簡潔明瞭でなかなか良かった。上に立つ人はこうでないとね。

物事を論理的に考え、そして伝えることが重要。自らの考えを表現する活動に取り組むように

ものづくりをするということは、ユーザーを大切にしなければならない。普段から周りの人をリスペクトし大切に思う気持ちを身につけておくように

ものづくりの原点はどんなに機械化が進もうとも人間にある。技術者にとって大切なことは人間として何が正しいのかという基準に立って考えられるか、ということ。人から信頼されなければ愛される製品は作り出せない

綺麗事っちゃーそうなんだけど、これから学ぼうとする生徒に向けてのメッセージとしては良い話だったと思う。
娘にも伝わってるといいんだけどな。

息子も今日から新学期。リアル中2になった。愉快な仲間たちはバラバラのクラスに解散させられたらしいw クラブは一緒の子が多いから放課後はどうせ集うんだろうけれど。

にしてももう2年生!そろそろ志望校決めて本腰いれて勉強していただかないと。
最近は商業系やお金を扱う仕事に興味があるようで、進学先もどうしようかなあ、と思い出してる様子。さてどうなるやら。