早朝、コンビニの駐車場でコーヒーを飲みながら思った

休みの朝は夫を職場まで送る。

早朝、目覚まし代わりにコーヒーを買うコンビニがある。
言葉荒めに指示しながら品出しするおじさん店員。せっせとドアのガラスを磨き、合間にレジに入り元気に声を出すおばちゃん店員。お会計を終えるといつも「ありがとうございました〜。いってらっしゃい^^ 」と声をかけてくれる。

多分、ふたりの時給はさほど変わらない。たまたま今日、それぞれ品出し/ドア磨きをしていただけで、仕事の総量もそんなに差異はないだろう。
でも充実感を味わってるのは断然おばちゃんの方だ。もしかしたら仕事のスピード精度も高いかもしれない。朝から気持ちよく送り出されて、客側も悪い気がしない。


やりがいのある仕事は、与えられるものではなく、みつける/やってこそありつけるものなんだろう。